Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝市の賑わい?中心市街地活性化の源を考える?
昨日の日曜日、久し振りに神子田(みこだ)の朝市に行って来た。20060619160747.jpg

早朝の一仕事を済ませてからの帰り道に寄ったので、着いたのは7時半頃であった。もうかなり売れてしまって品薄状態であったが、ぶらぶらしながら値引きされた最後の残り物を漁るのも、朝市の楽しみ方のひとつである。

一見みすぼらしい柱と屋根のバラックの光景は古い伝統を感じさせるが、実は、ここは各地に伝わる伝統的な市(いち)と異なり、昭和43年に結成された「盛岡地区生産者立売組合」により開設され、その後昭和50年代に車の駐車場を求めて現在の場所に移転してきた、比較的新しいものである。それでも今ではこの神子田の朝市は、盛岡の観光名所一つに数えられるようになって、観光バスで繰出す光景も見られるようになってきた。

ではなぜ、深夜まで営業しているきれいなスーパーマーケットが歩いて行ける範囲に点在し、さらに、郊外には何でも揃う大型のショッピングモールが見られる時代に、早朝しか営業せず、朝の8時には閉まってしまうようなこの朝市が、毎日多くの市民を引き寄せるのだろうか。
地域の商店街が、中心市街地活性化法などにより法律で保護され、アーケードや歩道などを補助金を受けて整備しながら、人通りが減少して衰退に歯止めがかからない状況が見られる中で、なぜこの朝市が賑わいを保っているのか。実に不思議な現象である。

それでは私はなぜ朝市に出かけていくのだろうか。
一言でいえば、“何か掘り出し物に出会えるのではないか”という期待感が、眠い目をこすりながら足を向けさせるのである。
それは本屋に出かけていってぶらぶらと立ち読みしながら想定外の本を見つける期待感と似ている。デパートというものが出現したときも、見るだけで買わなくてもいい場所、何時間ぶらぶらしても飽きない場所として人気を集めたのだというが、盛岡でも、最近流行の雑貨屋『ビレッジバンガード』や『イオンショッピングモール』に若者がぶらぶらとするのも、そういう感覚かも知れない。
そこでは特に何かを買おうと目当てがあって出かけていかなくてもいい。期待感に引き寄せられて、子供が宝探しに出掛けるのに近い感覚かもしれない。

ところが、衰退しつつある商店街からは、そういうわくわくした期待感が感じられない。綺麗に整然とした店の並びからは宝探しの感覚はどんどん薄れてしまった。商店街が人を呼び寄せられなくなったのはもしかすると、そういう感覚が失われてしまったからではないだろうか。

そういう意味では中心市街地に求められるのは、もはや物を売る商店ではないのかもしれない。わくわくする期待感を提供する楽しい場所が求められ、その期待感に引き寄せられて、そのついでに買い物をしてお金を払うようになるのかもしれない。

もしそうだとすれば、商店街の再生を図ろうと、商店の外観を統一したり歩道整備を進めてきた中心市街地の活性化計画は、その意図する方向とは逆に作用して、わくわく感・不思議感を消滅させ、衰退を助長する結果を招いてきた可能性もある。

賑わいの源は何か? 先入観を取り払って、街を眺めてみる必要があるかもしれないと、朝市の雑踏の中で考えさせられた。
<疾風>
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
TBありがとうございました。
こんばんは。はじめまして。
私のロハスについての記事にTBしてくださいまして、
どうもありがとうございました。
ご挨拶が遅れてしまってすみません。汗
色々な記事、おもしろいですね。
私も市場の雰囲気には不思議な魅力を感じます。
利便性だけじゃない、文化がありますよね。
東京築地市場の移転問題も、市場を文化遺産だと思えば解決されるような気がするんですが、現実には難しいようです。
また拝読させて頂きますね。
それでは取り急ぎご挨拶まで。
【2006/06/20 00:40】 URL | koji #CVqFG1Dc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。