Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山里便り? 「お父さんたちは、麺くい?」 2006年6月18日
アタマとカラダ、両方を使いながら生活する山里の暮らしは気にいっている。
ただ、ちょっと寂しいことは、
早朝、自転車のガタンという音と共に、新聞が届かないこと。
朝刊と前日の夕刊が、午後2時過ぎに郵送(送料は購読者負担)で届く。
そして、駅の雑踏の中で、立ち食いそば屋のカウンターに並んだお父さんたちを見れないこと。
住んでいるまちには駅がなく、ヒトよりもカエルの方が圧倒的に多い。
田んぼに水が入ると、すぐに分かる。夜な夜なカエルの大合唱が始まるから。

子供の頃から、人が食べる様子を見るのが好きだった。
サラリーマンが朝の通勤途中に、池袋の地下街や新橋駅で立ち食いそばを食べている、
その様子を横目で遠慮しながらも、まじまじと見てしまう。
立ち食いそば屋は、朝・昼・夕と一日中、混んでいた。回転が早く、動きがあり、活気に溢れていた。
「お父さんたち、がんばっているんだな。」と思い、ソレを見るのが私の密かな楽しみだった。
会社の食堂でも、いやな上司がかけそばなどを食べている姿を見ると
その無心で一生懸命な様子に、妙に心を打たれて
「この人も、家では、結構いいお父さんなのかも。」と、思ったりしたものだ。
無類の麺好きなのか、安いからなのか、
何故か、私が見た多くのお父さんたちは、麺食いだった。

ヒトも動物も、ものを食べている時は、無防備になり、無邪気で一生懸命になる。
そんな素のままの表情を見るのが好きだった。

20060618071205.jpg
冷やしうどん
薬味は、おろしショウガ・ミョウガタケ・チャイブの花
庭まわりを歩くと、薬味になるものが何か見つかる。便利!
豆腐の南蛮しょうゆ焼き
南蛮しょうゆは、去年漬けたもので熟成してまろやか


某保険会社のインターネットでのアンケートによると
『子から父に贈りたい漢字』の上位3位は、『謝、愛、健』だったそうだ。
家庭のあり方が問われたり、親子関係が希薄になってきていると伝えられているが、
多くの人たちは、好い父子関係を築いているようだ。
家族に、なんだかんだと言われながらも、世の中のお父さんたちは、
感謝され愛され健康でいてと願われているのだと安心した。
今日は、父の日。
がんばって、お父さんたち!
yo
スポンサーサイト

テーマ:家族 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。