Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ハム栗山監督を称賛する
最近のプロ野球で賞賛すべきは日本ハムの栗山監督である。
エースのダルビッシュをはじめとした主力が抜けた日本ハムを、リーグ優勝へ導いた。
その後も4年間で3回クライマックスシリーズに進出(Aクラス確保)という堂々たる成績。
更に特筆すべきは、選手を育てる力量と、起用法の妙である。
凡打を繰り返している中田翔を4番に据えて全日本の中軸を打てるスターに育てたことや、大谷の素質を見抜いて、周囲の大ブーイングの嵐を押し切って二刀流に育てた。
勝ちながらスターを育てるという二つのことを同時に為し得ることは非常に難しいが、見事にこれを成功させ、プロ野球に人気を盛り返した功績は非常に大きいものがある。
私は今では、プロ野球のテレビ実況中継は時間が無いのでほとんど見ないが、日曜日の日本ハム戦だけは必ず見る。大谷を見たいからだ。大谷の商品価値を見出し、磨き育てて、プロ野球という舞台に登場させた功績は非常に大きい。
巨人や阪神など人気球団が、スター選手を集めながらその商品価値を発揮させることができないでいる中で、この功績は特筆ものである。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sj17417.blog63.fc2.com/tb.php/520-f5a32f09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。