Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小室直樹追悼
小室直樹氏が逝去した。
日本の知の巨星堕つ!
社会学者にして法学者、経済学者、政治学者、数学者。
今の細切れ学問の範疇には納まらない。学者らしくない本物の学者であった。
彼を称するに的確な肩書が思いつかない。
学者を教える程の知力を持ちながら、その奇人的なふるまいから学究に収まらず、市井にあって真の社会理論を啓蒙した異人である。
私は、『危機の構造 日本社会崩壊のモデル』(1976年)で彼の洞察力に頷きながら読まされた。
その他、『ソビエト帝国の崩壊』
『信長の呪い かくて、近代日本は生まれた』
『韓国の悲劇 誰も書かなかった真実』(光文社)
『国民のための経済原論 ?・?』
いずれもべらんめい調で語りながら、社会の真理を鋭く突く俊作である。
惜しむらくは、現在の混迷する世の中をどう見るべきか、語ってもらいたかったが、残念である。
これから時間を見つけて彼の著作をじっくり読んでみようと思う。
(ハヤテ)
スポンサーサイト

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。