Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コストダウンは社会悪?
値下げは経済を劣化させる

 安売りの根底にあるのは、安くすれば買ってくれるだろうという間違った認識です。いま、市場はモノであふれ、飽和しています。消費者は安いからといってモノをたくさん買うわけではなく、必要なものを必要なだけしか買いません。安売り戦略では業績が上がらないのです。これは、ここ10年のスーパーやデパートの売り上げの伸び悩みを見れば分かります。

 安売りすることは、企業にとって決して健全な活動とは言えません。なぜなら、本来なら得られるはずの適正な利益を削って正常な価格を下げ、異常な価格で売るからです。安売りは企業の体力を弱め、ひいては従業員の賃金や雇用にも影響を及ぼします。仮に賃下げやリストラといった事態になれば、消費者である従業員やその家族の購買力を低下させ、回り回って小売りメーカーの売り上げの減少という形で跳ね返ってきます。

 しかも、影響は安売りした企業だけにとどまりません。小売りであれば川上の製品メーカーへ仕入れ価格の値下げを要求し、メーカーはさらに川上の原材料サプライヤーに同様の値下げを迫ります。安売りは、モノづくりの下流から上流へとさかのぼってすべてに影響を及ぼし、結果的にみんな痛んでしまい、経済全体のカネの循環を逆回転させる可能性すらあるのです。

 また、安売りの悪い影響は、いろいろなところで、いろいろな形であらわれます。まず、社員の士気を下げ、組織を弱らせてしまいます。皆が努力して作り出した製品が店頭で安売りされているのを目の当たりにしたら、社員はどう思うでしょうか。

 かつてある携帯電話メーカーの技術者は、自分が設計した製品が店頭で1円で売られているのを見て、「俺の努力の価値は、たった1円なのか」と落胆したといいます。最近も通信サービスとセット販売の「100円パソコン」を店頭で目にしますが、セットならいくらか利益が出るからとはいえ、実際にその開発者が目にしたら悲しい思いをするでしょう。安売りによって、作る側の意欲をそぐようなことがあってはなりません。

 ここまでの安売りは極端な例かもしれませんが、安売りするためのコスト削減の取り組みも、実は社員の士気に大きく影響します。そもそもコストを削ることは前向きな仕事ではありませんし、それが何かを創造しているわけではありません。そこには、夢や働く喜びは感じられないでしょう。行き過ぎたコスト削減や効率化を強調する会社では、社員が萎縮してしまわないかと心配です。

 安売りは麻薬のようなものです。一時的に消費を刺激して優位に立ったとしても、時間がたてば効果はすぐ切れてしまいます。そこで次なる安売りを仕掛ける。その繰り返しが最終的には企業自らの身を削り、ひいては日本経済そのものを収縮させます。こうして「悪魔のサイクル」とも言える悪循環が起きてしまうのです。こんな構図にならないよう、安売り競争もほどほどにしなければなりません。

 企業活動とは何かと問われれば、創造活動だと答えます。創造することに企業の存在意義があり、そこに企業の成長と発展、そして社員の喜びがあるのです。コスト削減や効率の向上にばかり気を取られていると、仕事への意欲は下がり、士気は衰え、企業の活力は確実に失われていきます。安売りがもたらす悪循環は、こうして日本経済をも蝕んでいくのです。

 消費者は安物を求めていません。鍛えられた品質と製品・サービスに対する信頼を求めているのです。


〈うわさのMBA〉
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
女飢えすぎww
チ@ポがありゃ、俺みたいなブサメンでもいいんだなww
一週間で4人もハメてやったぞw
http://get-place.net/f12/i5zbgzl/
【2009/07/02 19:02】 URL | にょほぉぉぉ!! #USanPCEI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。