Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国営巨大マンガ喫茶
国立メディア芸術総合センター

別名:国営巨大マンガ喫茶

■クールジャパンの発信基地がお台場に登場!?

クールジャパンの掛け声とともに、マンガやアニメなどの文化を、世界に向けて広く発信していこうと考える日本政府。

その一環として、「国立メディア芸術総合センター」の設立が構想されている。

15兆円の緊急経済対策の中に紛れ込んでいた。まさにドサクサ紛れの計画だ。

現在、四方八方から批難を浴びている。

というのも「アニメの殿堂」と呼ばれ、マンガやアニメなどの資料を公開すると同時に、巨大なマンガ喫茶も設けられる施設に、100億円を超える予算を投入する意味があるのか不明なためだ。

緊急経済対策にどの程度効果があるのか疑問だらけの代物である。

金を使えば、経済対策になる、という短絡的かつ展望のない役人の受け皿(天下り)づくりのイメージしか生まれてこない。

国民視点を失ったこの国の政治家・役人の、自己視点しか感じられない愚策である。

これまでにも立派な箱だけ造って、内容空疎といった悪例を繰り返してきただけに、その延長線にあると批判が高まっている。

ちなみに、マンガやアニメの仕事に従事する人々からは、それより原稿料や給与改善にメスを入れてくれよ! という声も出ている。

それ以上に、経済不況の中で千円札1枚にも恵まれない人たちがいることを忘れない対策が緊急かつ優先度が高いことを、政治家も役人も肝に銘じて欲しい。



yomiyon_room.jpg
            民間のマンガ喫茶

news09-1609_pho01.jpg
              国営マンガ喫茶


国民をコケにするのもいい加減にしろ!

〈市井の一国民、心の叫び〉

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。