Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ
 今年(アメリカでの封切りは昨年暮れ)登場したのがクリント・イーストウッド監督・主演の「グラン・トリノ」です。
今のアメリカが抱える諸問題、戦争の傷、民族間の偏見と対立、父と子・世代間の断絶、宗教のあり方、自動車産業の凋落まで、様々な諸相がこの映画では「イーストウッドの映画人生」という大鍋で煮込まれてシチューになったような味わいがあります。

少し粗筋を紹介しますが、これから映画を見る人のために、キモネタは明かさないでおきます。


 主人公のウォルトはポーランド系の白人アメリカ人だ。1950年代初頭の朝鮮戦争に出兵し、部隊のほとんどが戦死するような激戦を戦い抜き、勲章をもらった。戦後は自動車メーカー、フォードの工場で組立工として定年まで働いた。フォードの1972年製グラン・トリノを愛し、今でもピカピカに磨き上げ、愛車にしている。引退し、デトロイトの郊外の住宅地ハイランドパークに住んでいるが、長年連れ添った妻が亡くなった。

 ウォルトは、日本でも絶滅危惧種になっているような超頑固じじいだ。祖母の葬儀で教会にへそ出しルックでやってきた(しかもへそにピアスまでしている!)孫娘にブチ切れそうになり、2人の息子とその家族との関係もうまくいかない。長男がトヨタのカーディーラーをやっていることも我慢ならない。

 このじいさん、人にはうるさいくせに、自分は“ファッキング・イングリッシュ”で民族差別用語をスプリンクラーのように撒き散らす。癇癪を起こすと口をへの字に曲げてまず「ウ?」と犬のように唸り出す。むかつくと人前でもペッと唾を吐く。映画好きならご存じだろうが、マカロニ・ウエスタンの主演時代から、唾吐きはイーストウッドのトレードマークだった。

 妻に先立たれ、独りになったウォルトの家の隣にはインドシナの山岳民族モン族の兄弟、姉のスーと弟のタオ、母、祖母が住んでいる。モン族はベトナム戦争時代に米国の工作で共産主義勢力を敵に回して戦うことになり、米国の撤収後、祖国を追われ、難民化して米国に移住した。ウォルトは自分の街から白人が減り、アジア人やらラティーノ(中南米からの移民とその子孫)などばかり増えるのが気に入らない。

 これはまさに米国の人口動態を象徴している。米国勢調査局(Census Bureau)の人口データのトレンドを未来に延長すると、米国は2050年前後までには白人が総人口の50%を割り、マイノリティー(黒人、ラティーノ、アジア人など)が50%を超えるという逆転が起こる。

 このままでは米国は文化的アイデンティティーの危機に直面すると訴えたのが、例えば保守派の学者サミュエル・P・ハンチントンである(『分断されるアメリカ(Who are we?)』、集英社2004年)。ちなみに、イーストウッドの政治的な立場はアメリカで左派を代表するリベラルではない。彼は1951年以来、共和党員として登録し、共和党の大統領候補の応援をしたこともあり、リバタリアン(徹底的に個人主義、自由主義的を標榜する保守)を自認してきた。

 頑固じじいウォルトはタオとスーに関わり始めることで、次第に心を開き、変わり始める。味わい深い物語というのは、多義的な含意を放つもので、この映画についても見る者の立場次第で様々に異なった受け止め方があり得るだろう。私がこの映画から受けたハイライト的なメッセージについて語らせていただこう。

死から生へ

 映画の中でウォルトが心の奥に抱える重い罪の意識が次第に明らかになる。彼は朝鮮戦争で多くの敵兵を殺した。その1人はまだ少年でほとんど降伏しかけていた状態だったが、彼は撃ち殺してしまった。その罪の意識が彼を生涯苦しめる。

 この映画の1つのキーワードは、神父とウォルトの会話で登場する「生と死(life and deaths)」という言葉だろう。若い神父が口にした「生と死」という言葉に、ウォルトは応えて言う。

ウォルト 「若造のおまえに生と死の何が分かるんだ」

神父 「あなたは分かるんですか?」

ウォルト 「俺は戦場でそんなものは嫌になるほど見てきたんだ」

神父 「それは『死』ですね。『生』については?」

ウォルト 「・・・結婚して、子供を育て、家族を持った…」

神父 「そうですか、『死』の方が多いようですね」

 タオは従兄弟とその仲間のギャングどもから執拗に絡まれ、彼らを拒んだことから虐待される。既にタオの父親気分になっていたウォルトはギャングの1人をぶちのめして銃を突きつけて脅す。「今度タオに手を出したら、ただじゃ済まないぞ」。

 ところがギャングどもは逆恨みして、タオの家に銃弾を撃ち込み、外出していたスーを暴行、レイプしてしまう。

 暴行され、ボロボロになって家に戻ったスーの姿を見て、ウォルトは自分の暴力的な脅しがとんでもない報復を招いたことに衝撃を受ける。警察は調査するが、住民は報復を恐れてか口を閉ざし、犯人を特定することもできない。

 「ギャング」を「テロリスト」に置き換えれば、イーストウッドのメーセージは明白だ。相手がいかに非道であっても暴力による脅しは報復の連鎖を生むだけだ。ウォルトは痛恨とともにそう悟った。ではどうしたらいいのか──。

 この後、ウォルトの選択は意外な結末へと展開する。まだ見ていない読者のために結末の全部は明かさないでおく。


 映画の結びのメッセージは「死から生」である。捨ててこそ救って残せるものがある。福音書に描かれたイエスの受難物語はイエスの死でクライマックスに達するが、そのメッセージは救済と再生だった。ウォルトとギャングとの対決シーンは、マカロニ・ウエスタン映画の対決シーンを想起させる。しかし、それは意外な展開を経て福音書のイメージで終わる。

過去の何を捨て、未来に何を託すか

 結末を言えないのがもどかしいが、ウォルトが自分の心の深い傷、罪の意識を償い、誇りを回復したことは確かだ。同時に彼は過去の何かを捨て命をはって、未来に向けて何かを救い、何かを託したのだ。

 何を?

 ウォルトが投げ捨てたものは「力による恫喝」と「民族的な偏見」だと言えるだろう。振り返ってみれば自分の父母、あるいは祖父母も移民としてこの国に渡って来たのだ。街の床屋の「イタ公」も、建設現場監督の「アイリッシュ野郎」もそうだ。

 彼は自分の人生を歩き始めたばかりのスーとタオにこの国アメリカで生きる勇気と希望を与えた。
 「この国(アメリカ)は世界中からやって来た移民とその子孫に、ハードワークと独立心を代償に、自由と繁栄を与える土地だ。これまでもそうだった。そしてこれからも」

 そういうセリフは映画の中では一切出てこないが、これは多くの現代アメリカ人の琴線に触れる信条だ。

 それを言わずに感じさせるところが、この映画の出来栄えの素晴らしさだろう。ウォルトは自分とその祖先が継承してきたこのスピリッツをタオとスーの世代に託したのだ。タオもスーも決して人生に挫けることのないタフなアメリカ人に育つだろう。


 ひるがえって、私たち日本人は未来に向けて、何を捨て、何を救うべきなのだろうか。

 戦後の日本は旧い国であると同時に若い国でした。
戦争で多くを失い、都市は焼け野原になったので、すべてを一から建設するしかなかった若い国でした。
そこに戦後日本の成長のダイナミズムもありました。

人口も経済も成熟、老熟した今、成長するためには私たちもこれまでこだわってきた何かを投げ捨て、不確実な未来を信じて何かを託す必要があるのです。


 そういう気がしてなりません。



〈うわさのMBA〉


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。