Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞳をみつめて
こんにちは。
ランボルギーニ
bd4bcd07.jpg

日本が誇るスーパーカーホンダのNSX
(1200万円)なんて
メじゃないスーパーカー、
ランボルギーニ。

知り合いのお若い方が言いました。
「私も、NSXは夢でした!
今は、自分を奮い立たせるために、
ランボルギーニを目標にしてます!
むぅ、無謀。。。」

ランボルギーニは2500万円です。
夢は大きいほうがいいですね。
ランボルギーニ
確かに何か魅力のあるフォルムです。
フェラーリやBMWやジャガーには無い
形の魅力。
身震いしそうなくらい素敵。

消費者が商品に魅せられるのは
ちゃんとワケがあります。
理屈ではない、感覚。

ただ、そういう消費者心理は千差万別。
ランボルギーニの形に一切反応しないけれど
フォルクスワーゲンを見ると背筋がぞくぞくする
ってな人も
それはいるものです。

だから、お客様は
顧客
ではなくて
個客。
一人一人の好みがあります。

お客様の好みを正確に見分ける方法があります。
知っていますか?

人は、好みのものを見ると、
眼の瞳孔が
拡がるのです。

男で言えば
好みの女性が現れると、瞳孔が拡がります。

それはきっと、
もっとよく見たい、という気持ちと
手に入れるために虎視眈々と探索する
という狩猟本能に
由来すると思われます。

会社の側も同じです。
そういう消費者の動向に注意するのです。
消費者を、もっとよく見たい、という気持ちと
消費者を手に入れるために虎視眈々と探索する
という会社の狩猟本能に
由来すると思われます。
この本能が弱い会社は強くしましょう。

会社が
消費者の

動向

に注意すれば
成功します。

そして
消費者の

瞳孔

に注意すれば
もっと成功します。
<服部尚樹  ロマンチック経営>
スポンサーサイト

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。