Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食糧問題
“農業ルネッサンス”の続編です。

食糧問題の危機

生きる基本の食糧を外国に依存していれば、当然ながら国内の農業は空洞化し、国内生産者は勿論、消費者の日々の生活の不安は募るばかりです。

この国の末来の展望のなさは単に長びく不況のせいだけではなく、食の基盤のもろさと無関係ではありません。もろい基盤はいつも外圧に揺さ振られ続けます。

米国大統領ブッシュは、その就任まもない2001年7月、米国農業団体の集まりで、次のように演説したと伝えられています。

「自国の食糧さえ賄えない国がある。信じられるか?それは国際的な圧力と危険にさらされている国だ」
 
 この侮蔑的な演説の対象になっている国はどこだと想いますか?日本の歴代首相が世界で一番信頼して、友好国と信じている国の元首の我が国に対する表現です。

 米国の食糧自給率は優に100%を超えています。米国にとって食糧は軍事とエネルギーと並ぶ対外的戦略物資なのです。米国農業の余剰農産物は、国内食糧さえ賄えない食糧生産の後進国日本に売りつければよい、日本を食糧植民地にしてさえおけば、農業はもちろん、その他の分野においても米国の優位性はゆるぐことはない、そんな思惑を込めて自国の農業団体に自慢しているのです。
 自国の利益になると思えば、いとも簡単に食糧をエネルギーに転用する国に寄りかかった日本の食糧安全保障は心もとないと想いませんか。

  60%にも及ぶ外国調達の食糧の半分は米国と中国が占めています。耳目に新しい毒餃子問題、牛肉のBSE汚染、そんな国に食料を依存している、我が国の食糧供給体制を真剣に見直すときが来ています。

  地球温暖化による耕作地の荒廃、世界人口増加による食糧危機等により、食糧供給の国外依存システムは早晩崩壊します。

  中央経済と比較して格差が広がる北海道・東北地方の食糧自給率は100%を超えていますが、東京圏のそれは1%以下です。
 過日のTV番組で解説者が皮肉を込めて言っていました。
 「近い将来、食糧疎開が起るかもしれない」と。


<うわさの技術士>

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。