Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知事の軽さ
大阪府の橋下知事が就任早々馬脚をあらわしている。
選挙公約を次々に撤回。更にそれを追及されると“キレ”てしまう。
まったく近頃の出来の悪いガキと変わらない。
選挙公約なんてものは、守られないのが当然の政治の世界を見慣れている目から見ても、就任後僅か数日で次々と公約を撤回していくのは、異常と映る。
しかし、この橋下という人物を見ていると、それが少しも不思議ではない。
元々何か信念があって政治を目指したようには見えない。バラエティー番組に出て有名になってはしゃぐことの延長線上の知事選出馬だったのだろうから。
そして大阪というところも、横山ノックや太田房江に懲りずに、またまたこういう人物を当選させるところを見ていると、大阪らしいと言うか、経済地盤の沈下もむべなるかなと感じさせる。

ところで最近、この橋下知事に限らず、知事の軽さが目立ってきている。
その象徴は、道路特定財源への対応に見られる。
この問題で知事会は特定財源の延長を求める決議をした。
東国原宮崎県知事は「もしこれが一般財源化したなら、ある県では道路に使い、ある県では教育や医療に使うようになり、地域格差が広がる。知事にそれを決めてくれと言われたら大変だ」と言うような趣旨の発言をテレビでしていた。
これはどういうことだろうか。
「自分の所の施策を自分で決めるのは嫌だ。人に決めてもらった方が責任が無いから楽だ。」と言っていることに等しい。
こういう事を堂々とテレビカメラに向かって話すことに、違和感を感じないことに唖然としてしまった。

まあ、知事に限らず、自分の言葉をもたない国土交通大臣や、社会人としての資質を疑われる法務大臣などが棲息しているのだから、さして驚くことも無いのかもしれない。
<はやて>
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんは、初めまして
くまさんのところでお目にかかりました。

本当に仰るとおりで、今回の橋下さんのメディア批判は、当たっていないように
感じました。
首長になったのですから、批判されて当然です。
それを批判する人間は許さない。応援する人間には手のひら返すように
にこやかに対応する。
批判や、疑問を受け付けない度量の狭い人間に感じました。
そして、すごい傲慢です。
きっと弱者と言われる人たちは切り捨てられるのでしょう。
まぁ、大阪府の人たちがが選出したのですから、どうでも良い事ですけど。

東栗原さんにも失望しました。
道路を作ればばら色の未来が待っているかのごとく発言ですが
必要な所は作ると言っているのですから、国交省の今までのごまかしより
数段民主党の方が説得力があると思います。
道路の優先順位を公開したらよいと思います。

医療や福祉や教育はどうするのでしょうね。
一般財源化して多方面で考えたほうが得策だ思いますよ。
【2008/02/19 21:14】 URL | まるこ姫 #ZWoZJV/E [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。