Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想社会になれるか日本
数日前が妻の誕生日だった。よくもまあ、ここまで来たものだ。来たと言うのは、僕と連れ添って24年、この山奥で暮らして15年。東京新橋生れの新橋育ち、銀座・六本木で青春を送り、銀座の大手企業に勤め、銀ブラが日課のような暮らしが、僕と一緒になったばっかりに、雪深い山奥の暮らしとなった。

望んできた田舎だが、僕でも嫌になること「なんでこんな所に」と思うことがある。人生、何かを選択したということは、何かを捨てたと言うこと。今でも有楽町の焼き鳥屋やしゃれたバー(安倍工房が通ったルパンやサンスーシー)が恋しくなることがある。それと、沢山稼げ、小遣い月10万円のたサラリーマン時代。
こんな雪の日に、ふと過去を振り返ることもある。しかし、ノスタルジア、しかも華やかな世界を思い出していては気がめいってくるので、話を社会に戻しましょう。

今日本は、結構大変な時期にある。自民党が結党以来の危機と騒いでいるが、自民党どころか日本の危機である。
アメリカのサブプライムローンに端を発し世界に広がった不良債権、株安、外国資本の引き上げなどなど、それに加えてのというより、相変わらずの内需低迷。しかも、ここに来て石油の値上がりによる物価上昇が本格化してきて、消費は益々冷え込みそうである。
昨日スーパーに行ったら、即席ラーメンの棚をじっと見つめていた若者(学生風)が、手になのも持たず足早に去っていった。先月まで一袋200円前後だった袋麺が500円前後、倍に跳ね上がった。この上昇は、1970年代の第2次オイルショック以上の値上がりではないか。即席ラーメンは貧乏学生の生命線であったし、今もそうだろう。

さて、これから日本は何処に向かうのか。
日本はこれまでのように、世界の物(食料や安価な外国製品や贅沢品)をかき集め、消費拡大するだけの国でいいのだろうか。もちろん、その裏づけとしては、何らかの経済成長(なんらかと言ったのは、大企業、輸出産業だけでなく日本全国で経済成長できる方策が見つからないから)が必要だが。
多分、今の政治や経済の中枢が考えていることは、環境環境といいながら相変わらず大量生産大量消費、そのようなシナリオなのだろう。

さて、そこに、この国のビジョン、生きる道が描けるのだろうか。

今年に入っての、世論調査では、ほぼ過半数かそれ以上の国民は、「少々不便になっても、新しいものが買えなくても」環境に負荷の掛からない生活を望んでいる、という結果がでていた(相当数の国民は自己防衛として経済的にそうせざる負えない人々も多いだろうが)。日本人は、社会性が無い公共性がないと批判する族(巷の有識者先生たち)も多いが、実は、多くの日本人(4割?5割?5割ちょいあたり?あたり)は、世界的に見ても理性的で公正な判断が出来る国民である。
特に子どもたちには、環境学習が行き届いて、物を大切にする心は随分養われたのではないだろうか。

また、どんなに消費が落ち込んだと言っても、衣料販売の現場に行くと、例えば最新の冬服(暖かいダウンやキルティングコートなど)が、去年の走りは12,000円のものが、暮れのバーゲンで9,000円になり今は5,000円まで下がってきた。それでも、消費者は、手に触れて品定めするだけで、買おうとしない。なぜなら、彼(女)等は既に新しい暖かそうなダウンを着ているのである。しかも、ここ数年以内に販売された新車に乗って。

今の日本の中流社会(いかに中流が減ったと言いながら、消費を支えているのは多くの中流家庭である)の消費構造の多くが、このような状況ではないだろうか。
TVとて大型薄型TVをどんなに宣伝しても、心ある、貧しい?家庭では、23インチのブラウン管で事足りているはずだ。それを平成11年には全て廃棄させる(3万円のチューナーを買い、何らかの手当てをすれば見られるようだが)ような政策(これは家電業界と政治、NHKが結託しての政策である)がただしいこれからの方向とは言い難い。

この国が経済発展を続け、消費を拡大し続けるシナリオなど、どうやったら描けるのだろうか。

個人も国も同じであろう。何かを選択する時には、何かを捨てなくてはならない(この国は、経済成長のためと福祉、医療、教育を切り捨てた)。今までのように、大量生産大量消費を促しながら経済成長を続けることは不可能である。このことは、ヨーロッパ、日本の歩んできた道、これからのアジアを見れば明らかだろう。

やっぱり、この国には、今、新しいビジョンが必要である。経済成長を鈍らせてでも、医療、福祉、教育を充実した国を作っていく。もちろんそのためにはお金が掛かるが、医療福祉教育とて、十分産業として成長できる。
豊かさとは、大型TVや最新の車を買うことではなく、自分自身が人間として成長していくこと(アマルティア・センや国連の人間的発展の概念)を豊かさとできる社会がこなければ、日本という国は亡びるでしょう。多分、多くの日本人は今気づき、そのように成長しようとしているのではないだろうか。
しかし、どうも、政治が付いてこない。これは、やっぱり政治のせいか、それを選んでいる政治家のせいか、それとも、この国の方向を決めている東大を筆頭にした官僚のせいか。

多分、東大生と言う人種は、市場経済の中で経済成長を遂げている家庭のボンボンやお嬢さんが多いわけで、結局自分たちの立場を崩壊させる政策を選ぶことはありえないだろう。。
結論はここに来たか。やっぱり、教育。

何かを選択して、何かを捨てる。ドイツの経済成長の裏には、彼等が葛藤してきたここ20年の歴史があるのではないか。
丸山暁〈57歳・人間・田舎人〉
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/10/27 13:30】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/10/28 00:14】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/10/28 00:45】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/10/28 01:16】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/11 18:46】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/11 19:51】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 10:38】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 13:06】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 14:38】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 15:26】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 15:27】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 15:27】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 16:09】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 16:56】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 17:40】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 18:28】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 18:28】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 18:28】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 18:29】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 18:29】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 19:17】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 20:08】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 20:08】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 20:09】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 20:09】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/25 07:50】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/12/14 05:30】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/12/14 07:33】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。