Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学歴格差社会
basu.jpg

今日久々にバスに乗った。この路線(我が谷筋から街まで)には、ここに来て14年で2?3度しか乗っていない。今日は、上さんの車がエンストしたので、車屋に持っていったら、上さんの車の点検ついでに、僕の車も点検をしてもらったら、なんと、僕に方が重症でいま整備中。上さんも仕事で居ないので、バスに乗った次第。
そのバスの中はこのとうり、客は僕1人、いわゆる山間地の典型的な赤字路線である。日本中このような路線があり、車社会の中、廃止問題がいつも起こっている。いつもは無くていいものだが、無くなったら困るものの典型である。
都市をより巨大化して、過疎地は崩壊させよ、それが効率的な国家運営だ、という考え方も、一理あるが・・・・。
さて、TVニュースで渡辺行革担当大臣が、省庁を回って独立行政法人の廃止統合に向け駆けずり回っている?風景を放映していたが、渡辺大臣のポーズにはやる気もあるように見えるが、どうも、戦略無く動き泡っているのは、ただ、動き回っているだけにも見えて危機感が無い。まあ、一つでも二つでも廃止すべきは廃止して欲しいものだ。
ただ、必要な組織は残すべきで、文部科学省の日本学生支援機構を廃止して奨学金も廃止するという。とんでもない話である。

日本の今の格差社会の拡大は、教育格差につながり、貧困層を固定しかねない(既に東大あたりは完全に教育格差は存在する)。
最近の経済紙などの、学歴と賃金の関係を見ると、少々のでっこみ引っ込みはあるが、国立の場合は東京を中心とした中央が優位で入試偏差値とほぼリニアーな関係にある。私立においても早慶を頂点として概ね偏差値順である。ただ女子大はかなり特異な傾向があるようだが、どうもお嬢さん学校には疎いので。当然のことで、高卒中卒となると格段に収入は低くなる。
勿論、この関係は一般的な傾向であり、高卒の億万長者もあり、名も無き大学の社長もあり東大出の貧乏人もあるが、いわゆる一般的な企業に勤めた場合の傾向である。

ちなみに東大の平均年収が831万円で僕の出た埼玉大は728万円でほぼ100万円の開きがある。ちなみに九大748、千葉大709、徳島676てなグワイである。私大は慶応824万円白百合822、早稲田785明治753大妻747・・・大東文化606手名ぐあいである。(プレジデント参照)
結局収入に大学ランクが出ると言うことは、大学によって就職先が決まってくると言うことである。大体大学の偏差値順に企業ランクも決まってきる構造になっている。一時、企業も学閥は廃止などと言っていたが、また元の木阿弥のようである。
ちなみに建設業で見ると、僕のいた竹中工務店は平均年収967万円だとかで、・・・・え、そんなにもらえたの、と空を見上げたりして。嘘ですよ。でも少しこんちくしょうですが。
大学が違っても、大手に入ればそれなりに、高所得にはなる。

そんなことを言いたいのではなく、奨学金廃止の件でした。
この国は、日本だけではないでしょうが、学歴社会がいつも問題になりながら、一般的には学歴で人生が変わってしまうのです。
残念ながら、いい大学に入っていい会社に入って高収入を得て、というのが一般市民の生き方であるとしたら、やはり、政治は、全ての国民に平等なチャンスを与えるべきでしょう。
本来なら、高校までは無償にして、国立大学は以前のように入学金1万円授業料月1千円に戻すべきでしょう(40年前)。少なくとも、物価スライド程度の増額で。その頃でも、奨学金があったから大学にいけた強調文若者が多かったのです。
今の経済格差が拡大する社会では、奨学金を倍増してでもおかしくないのに、廃止するなどとんでもない話です。
今もこれからもこの国が自由主義競争社会を目指すなら、全ての国民がスタート地点やターニングポイントで平等な土俵に乗れるようでなければフェアーな社会とはいえません。
この国には既にフェアーなんて言葉はありませんか?何事も力ずく金任せですか。

丸山暁〈57歳・人間・田舎人〉
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/12/08 21:41】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。