Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪はいつかは滅びるものと信じよう
imo.blog.jpg

山芋3本。大体こんな山芋が7、8本毎年採れる。もっと作ってもいいのだが、ゴンボ堀と山芋堀は骨が折れるのでこれぐらいが丁度いい。

山奥で、なんで今ごろ芋を掘っているのかと、ふと、空を見上げることもあるが、ムカゴ(山芋の種〈芋の蔓のつく小さな芋〉)を植えて、山芋の子どもを作り、それを植えて3年目に写真のような立派な山芋が毎年取れる。
土と太陽と雨だけで、そこに循環の手助けをするだけで、毎年豊かな実りがある。こういう自然の循環を感じるためにここで暮らしているのかもしれない。

とうとう逮捕された守屋夫妻を乗せた車が、首都高速を拘置所に向けて走る映像が流れていた。彼らは、権力を利用して、何年かは面白おかしく生きてきたのだろうが(ただ数億円稼いだとか、世界を豪遊していたのだらまだしも、ゴルフや焼肉とはせこい話だが)、そういう遊びを心から楽しめたのだろうか。
もし、これから、拘置所でケツの毛まで見られることを、夫婦揃ってゴルフ場や焼肉店で、一瞬なりとも想像できたなら、彼らもここまで落ちることもなかったのではないか。

現代という時代の不幸は、想像力の欠如にある。多くの大人たち、地位あるものたちが、現在の自分の行動を見据えて、将来の姿が創造できていないのである。これが、多分「赤福」や「吉兆」や「白い恋人」や「姉歯耐震偽装」や「栗本工業鋼板偽装」や「ニチアス耐火偽装」や、やややや、に繋がっていくのではないだろうか。

人間が生きていく上では、何処かに善悪の基準を置いておく必要がある。悪はいつかは滅びる。他者に滅ぼされなくても、悪は自分を滅ぼしてしまう。今日は真面目に締めくくりましょう。
今日僕は57歳になりました。いつまでたっても青二才。けっこうなことです。
そんな僕とは?『西欧「偶景」今昔話』(新風舎)丸山暁絵/文1, 200円をamazonででも手に入れて、読んでみてください。
丸山暁〈57歳・人間・田舎人〉
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。