Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇麗な政治なんて何処にもないが
僕のつまらないであろうblogを読んでくれている方々がいらっしゃるだけでもありがたいのに、たまにコメントを入れてくださる方がある。 
先日も、「守屋、額賀、九間問題」の愚かさを批判して、近年の一連の政府や官僚の不正、犯罪の露見を、政権交代を促す天の声と評したのだが、それに対して、トトロさんが、「政治とはそんなのも、料亭で起こっている。奇麗な政治を求めるなら、共産主義でも」旨のコメントを頂いた。
ご指摘の通り、僕も政治が清廉潔白、穢れの無いものなどと考えたことはありません。根回しも、裏金もあるだろうし、料亭での密室で、大きな流れは決まっているのでしょう。
民主主義の大先輩イギリスでも、J・J・ルソーが「イギリス人が自由なのは選挙の時だけである」と言っている。かの有名な厭世家アンブロース・ビアスの悪魔の辞典には「主義主張の争いという美名の影に正体を隠している利害関係の衝突。私の利益のために国事を運営すること。」とある。僕も、同感です。
もともと、日本の政治、否、政治というものは、うらの世界で動いていたので、戦後55年体制でも造船疑獄、ロッキードの田中角栄のピーナッツ1億円だとか、リクルートで誰だったか、随分いろいろな政治腐敗、贈賄収賄事件はあった。   
政治とは料亭に集まって、権力の集合離散を画策したり、儲けを分散したり、500億円のダム工事の賄賂を2000万円よこせというようなせこい話は山ほどあろうが、そんなことはどうでもいい(本当は良くないが)。
      
今度の守屋、山田洋行事件からはっきり見えてきたのは、日本の防衛全体に係わる問題(ここでは自衛隊があれば防衛は万全とか、非武装中立とかは問題にはしないで、とりあえず自衛隊が日本国にとっての防衛の要という前提で政治が動いてきたとして)が、あまりにも簡単に、私利私欲に絡まれた、個人的な関係で決まっていた、ということである。本来なら国家の最重要政治課題であろうはずの政治行動が、たいしたデータ収集、分析も無く、個人的な思惑、私利私欲で決定されていた、ということである。

例えばミサイル防衛システムにこれから10兆円程度支出するというが、この多くはアメリカの軍需産業に流れる金である(イージス艦の建造費の何割かは三菱造船あたりが儲けるのだろうが)。なぜなら、ミサイル防衛システムの根幹であるレーダーシステム、それを登載し、ミサイルを発射するイージス艦は2000億円、地上のパトリオットミサイルは確か一発1億円程度ではなったか。そんなものを足していくと10兆円になるという。しかし、その数字は本当だろうか。

例えばイージス艦をあと3艘作って6千億円、まあ、装備を高度化して9000億円としよう。パトリオットを1,000発装備して1,000億円としよう。もろもろのレーダーシステムを1兆円としよう。さて、全部足していくらでしょう。2兆円です。さて、10兆円はあまりにも高くはありませんか。

米軍のグアム移転で明らかになったのが、米兵宿舎建設費も米軍予算680億円に対して2,800億円を日本政府は出したそうだ。50階建ての超高層ビルでも1本200億円ぐらいでできる。グアムに超高層住宅を14本も建てるのか。2,800億円といえば六本木の東京ビックシティのすべての開発費である。要はグアムに米軍のために六本木の超高層歓楽街を作ってやろうというのである。
実際にはそんなものを作るわけではないので、日本が税金を投入した建設費の7割方の資金が、誰かのポッケに入ったということである。
それが政治家なのか、官僚なのか、山田洋行のような企業なのか・・・。要するに、日本の防衛予算というものが、安全、機密の名の基に、食い荒らされていたということである。これは500億円の工事のために数千万円よこせというレベルの政治問題ではない。

こないだ落っこちた日本製の戦闘機は30億円、日本が今度買うアメリカのF22戦闘機は180億円、いくら高度な装備と言ったって高すぎやしませんか。

要は、守屋や山田洋行は、昔ながらに防衛政策の申し子であり、九間や額賀はそのおこぼれを貰うために、日本の防衛をないがしろにしてきた罪がある。だから許せないのです。こんなアメリカの軍需産業のために税金を垂れ流し、そのおこぼれを貰うハイエナのような、この国で偉そうな顔をしている人間たち、九間や額賀はちっぽけな存在でも、彼らの犯罪を発いていくしか、この国をアメリカの防衛産業から守る手は無いのです。そうでないと、やっぱりこの国は早晩亡びてしまうでしょう。アメリカには既に、民主主義も正義もないのだし。
九間など「MD計画のミサイルなんてあたらない」と平気で言いながらそれに1兆円、2兆円と予算をつけようとしていたのですよ。あほらしい。やっぱり、そんなガキにでも見抜けるアホなせ政治を、大の大人が「それも政治」と容認していて良いものでしょうか。

そおそお、既存の共産主義政権がが民主主義より奇麗なんて全然思っていませんから。
丸山暁〈56歳・人間・田舎人〉
20071118190219.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/06/27 11:16】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/06/27 11:31】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/06/27 11:48】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/06/27 12:03】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/06/27 12:19】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/06/27 12:35】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/06/27 12:51】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/06/27 13:39】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。