Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この国をだめにする爺ども
steerlight.blog.jpg

たしかこの外灯を作って4年目だろう。これは2代目で、一代目は、ほぼ7.8年で壊れたと思う。この外灯も、今。点検修理しておかないと、この1、2年で吹雪の日に吹っ飛んでしまうだろう。というわけで、今日、台座を変えて、外灯の底を取り替えて、ペンキを塗り替えた次第。これであと3、4年は持つだろう。暮らしとは、このようなもの、こういう手入れがあってこそ、美しくも健やかに暮らしていける。これは、人間も物も同じこと。よく、「まちづくり」や商店街などの景観議論の中で「どうやったら美しい景観、賑わいが出来るでしょうか」という問いかけがあるが、それは簡単なこと、「センスを磨いて飽きずに手入れしつづけること。それを楽しいと思えること」それしかないのです。
さて、本題だが、それにつけても、この国の〈なった気がしている〉ヨタ爺どもの身勝手さよ。まったく、ある地位にある、そういう爺どもが、この国を腐らしていく。
まず、小沢一郎は、もう政界を去れ。アンタのお陰で、何回、この国の政権交代が潰れたことか、あんたが〈老いぼれてもいないのに〉、かってにうろうろする度に、せっかくの変革のチャンスも元も木阿弥に落ちいってしまった。もう、民主党の信頼は地に落ちた。
それと、額賀元防衛庁長官が「山田洋行から20万円車代を貰ったが、大臣就任時に返したから問題ない」と、たいそうな記者会見をやっていた。どうせ20万円のお車代なんて、政治献金だし(そんなことないか、ただの小遣いせびりか)、それを、そのまま、山田洋行の娘の結婚式で20万円そっくり返したからいいではないか」、との賜っている。
額賀とは全くけち臭く、姑息な最低爺である。20万円もらって、それを同じ人間に結婚祝いとして渡したのなら、お前は、結婚祝のお金を渡すべき側に肩代わりしてもらっただけではないか。要は、やっぱり山田洋行に結婚祝い代をせびったことになりやしないか。
たかが20万円もらった云々で、元々品のない顔を世間にさらしている上に、大臣経験者ともあろう大の大人、爺がする言い訳にはあまりにも情けない。どうせなら「確かに20万円貰ったけど、倍返し、40万円を祝い金で渡した、何が悪い」ぐらい言ってみろ。それなら少々の悪人でも可愛げがあるのに。まったく額賀とは品のないけち臭い爺である。
以前から書いているが、やっぱりこの国を駄目にしたのは、今を生きる大の大人たち、特に60以上の、なった気のした(自分は偉いんだ、思っている馬鹿ども)爺たちである。
ここでは普通の爺さんを批判しているのではなく。あくまでも、先生先生とおだてられている、爺たちのことである。
あんないい加減な、国民のKY(空気の読めない)小沢一郎しか代表候補がいないようでは、もう民主党はおしまいでしょう。なんまいだ。なんまいだ。これで、日本の政治も死んだか。なんまいだ。なんまいだそうだ、今日外灯を新しくしたのだから、民主党壊滅のお通夜でもしましょう。丸山暁〈56歳・人間〉
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

「飽きずに手入れしつづけること」。何事も、人生もそうですね。
しかしこれが意外と難しい。
私などはすぐ飽きてしまいます。

小沢シンパの私も、今回の騒動には空いた口がふさがりません。
小沢も飽きたのではないのかなぁ。
黙って辞めればよかったのに。
辞めたいやつは辞めさせて、やれるやつがやっていけばいいのに・・・・。
【2007/11/07 21:54】 URL | hayate #GCA3nAmE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。