Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けっこうまともなこの国の議会制民主主義
shadow.blog.jpg

たいして意味はないけど、ちょっと面白い絵なので載せました。
一昨日の新聞を見て、日本の政治もまんざらではない、いつもは批判的な僕でも、この国の議会制民主主義はたいしたものだとおもいました。まったく、一日の新聞に載っていた記事だけでも「教科書2社、訂正申請、集団自決巡り第1号」「テロ特措法期限切れ、給油部隊に撤収命令」「薬害肝炎国が和解協議、首相厚労省に指示」「在外被爆者へ賠償確定、厚労省判決重く受け止める」と、それまでの政府が反対、もしくは渋っていた要求を、あっという間にうけいれてしまった。これはまさに、先の参院選で自民党が大敗したことによる大変革です。
もし、先の参院選で自民党が大勝していたら、「沖縄集団自決を軍が直接指示したことはない」「テロ対策新法を強行採決して給油継続」「薬害肝炎での国の責任はない」「在外被爆者が海外へ移った場合は健康管理手当ては支払わないのは妥当」という記事になっていたのではないだろうか。
これは、日本の議会制民主主義の根幹である選挙は、けっこう日本の政治を動かすことが証です。皆さん、一票の重みはけっこうありますね。この国も、国民、選挙民が利巧になれば、まだまだいい国になれそうですね。
それにしても民主党の小沢さんが昨日の福田さんとの唐突とも思える党首討論を批判され、代表を辞任するとか。多分彼は、事務所費問題やらで、辞め時を考えていたのではないだろうか。やっぱり、彼の背景には、自民党時代に染みこんだ体臭を感じる。本当は、辞めて正解でしょうが、さてさて後釜がいないとなると・・・・やっぱりかな。
ただ、誰が民主党をまとめていくにせよ、せっかくここまで来た、政権交代の後期をちゃらにして欲しくはないのだが。これで駄目なら日本の未来は本当になくなる
〈丸山暁〉
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/10/22 00:17】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。