Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家にも福田内閣にももう秋の気配
garden3.blog.jpg

新聞から話しのネタを拾おうとすると、もういつも通りの「はらふくるる」ことばかりで、何も書く気が起こらない。ここ数年、政治と金、企業、経済界のごまかし、食品衛生問題、偽装、賄賂、子どもの悲劇、などなど、こんなことが、2度と起こしては起こってはならないといいながら、結局数ヶ月に一回ぐらい、長くても1年に一回は同じような事件、事故が起こってしまう。
昨日の朝日新聞の1面は「守屋次官業者とゴルフ」・・全く上さんまで一緒に業者にたかってやるゴルフがそんなに面白いのかね。みっともない。「中越沖地震、原子炉炉心にも被害、制御棒抜けぬ状態」・・・・制御棒が抜けないのでなくて、制御棒が入らなかったらどうするの。もうメルトダウンですか?「公園遊具相次ぐ事故、老朽化点検も不十分」・・・子どもが何人怪我しても死んでも、この国の管理者(行政)はびくともしない。
だから、そんな事件に目くじら立てても、会社の名前や政治家や官僚の名前が代わっただけで、同じような論評を繰り返すだけで、むなしい限りです。
まあ、これ全て、戦後自民党の55年体制とは言わないけれど、やっぱり、福田首相のごまかし政治では、この国は沈没しますよ。何だか、彼のメルマガニ「もう疲れた」と書いてあったとか、もう疲れたのはアンタじゃなくてこっちだよ。疲れたなら早く辞めろ。我が家の畑も秋の気配、世の中これでは、もう冬眠するか。我が家の栗林にもリスがやってきたようだ。いくつかかじった後があり、きっと幾つも冬の蓄えに持っていったことだろう。たんと持っておいき。
朝ご飯の時TVでペシャワルの会の中村哲医師がカンボジアの現状と彼の民生的支援活動を紹介し、今のアメリカ連合国のテロとの戦い、日本の海上石油支援を批判していた。彼の言葉にはリアリティーがあるのだが、彼に同情、政府、アメリカを擁護するコメンテーター(学者、評論家、政治家)のなんと軽薄で空虚なことか。
中村哲氏の言葉に耳を傾けられない政府には、テロとの戦いを語る資格はないだろう。〈田舎人〉
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。