Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しょうがない」九間防衛大臣は、辞任ではなく罷免でなくてはいけない!
九間防衛大臣が長崎への原爆投下を是認する発言の責任をとって辞任したが、どうして辞めなけれならなかったのか、この九間と言う人物はいまだにそのことに思い至ることが無く、そして総理大臣も全く危機管理がなっていないということに唖然としてしまった。

九間大臣は、辞任後の記者会見では、「与党として困っているんだなと感じ始めた。参院選を控え、自民党だけでなく公明党もやりづらいかなと感じた。脇が甘い。もう少しきちんと言葉を選ぶ責務があった」と語った。
辞任会見の場でも尚、防衛大臣の発言の重みと言うものを全く理解できていない、こういう人物が、戦争になったら日本の軍事行動を指揮する立場にいるという、このことに改めて気が付いて寒気がしてきた。

あの「原爆投下がしょうがない」と言う発言の問題点は、日本国内の参議院選挙への影響となどという小さな内輪の話しなどに止まるものではない。
あの発言は、「核兵器の使用」「非戦闘員への無差別殺戮」を是認することになることが問題なのであり、日本の主要閣僚である防衛大臣がそういう発言をすることは、世界に対して日本はそういう考えであるとメッセージを発信したとことなのである。
すなわち世界に対して日本は危険な国であると言うメッセージを発信し、国民の安全を窮地に陥れるものであるのだ。たとえば、この発言により北朝鮮や中国に対して、日本は核兵器使用を容認しているとして、自国の核武装を正当化する口実を与えてしまうことになるのだ。
そして当初は辞任の必要はないと言い、その後本人の申し出による辞任を了承するなどと言う無策の総理大臣も、こういう事の本質を全く理解していないと言える。

わが国は核兵器廃絶を主張すると共に、対人地雷の廃絶など、非戦闘員に対する無差別攻撃を非難する立場をとってきたはずである。この国家政策に反するメッセージは即座に否定する必要があるはずで、そのためには、辞任を了承するなどというあいまいなものではなく、即刻罷免することによる、はっきりとしたメッセージを世界に発信する必要があったのだ。しかし、安部首相をはじめとする多くの政治家はその辺のところにまで頭が回らないようである。
やはりこういう問題は選挙ではっきりさせなければならない。それ以外には方法が無い。
<はやて>
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。