Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天田中見事な1勝!
楽天の田中将大投手が完投で初勝利を挙げた。
いよいよ大器が花開きそうな気配が漂ってきた。
相手のソフトバンクは、多村・松中・小久保と続く、12球団一の強力クリーンアップを擁して、前回の対戦では2回ともたずにめった打ちにされていた。
昨日も初回に3連打とフォアボールで1点を失い、なおノーアウト満塁の大ピンチ。
しかしここからのピッチングはやはり並の新人投手ではなかった。
対するは日本球界を代表する強打者小久保。
ノーアウト満塁ツースリーのしびれる場面で投じた渾身のストレートは、小久保のバットを空を切らせてキャッチャー嶋のミットにバシッと吸い込まれた。
続いて曲者大村も、ストレートで空振り三振。
その次の現在パリーグ打点トップのブキャナンをスライダーで見逃し三振。
絵に描いたような、初回のワンマンショーを演じた。

田中の登板は昨日で4試合目だが、一試合毎にプロの打者と自分の能力との力関係を確認し、驚くべき速さで、着実に対応力を身につけてきている。

田中の良いところは、なんと言ってもスライダーである。
ブレーキ鋭く曲がり落ちるところは、デビュー当時の桑田より上かもしれないと私は見る。
また勝負どころで、打者の胸元にきっちり投げきれるストレートのキレは、ここ暫くお目にかかれない凄みを見せる。
絶体絶命のピンチで、西武和田を見逃しで斬ってとり、昨日は小久保、松中を斬って取ったクソ度胸とコントロールとキレはお金を払って見る価値十分である。

弱体楽天に在っては、勝ち星はそう多くは望めないが、ピンチで見せる渾身の1球を今年は楽しみにして野球を見ようと思う。
<はやて>

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。