Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武の裏金問題
プロ野球・西武がアマチュア選手2人に金銭を渡していた問題で、金を受け取っていた選手二人マスコミの前で頭を深深と下げる映像がテレビで放映された。その内の一人の大学生は野球部から退部させられた。
私は、この問題で謝罪して頭を下げた二人の若者を責めようという気がしないし、むしろ同情する。
スポーツ選手が大学に進学する時に、その才能を評価し、あるいは大学の宣伝のために優先的に入学させ、授業料を免除したり奨学金を支給する例は珍しくない。それは好ましいかどうかは別にして、現代の社会では堂々と認められていることである。
この二人の選手は、その才能を認めて奨学金を出してくれるスポンサーがついていたのだ。そのスポンサーがたまたまプロ野球球団であったということで問題となっているのだ。
選手側の立場から見れば、自分の才能を認めて支援してくれるのであれば、スポーツ用品メーカーであろうが、ウイスキーメーカーであろうが、銀行であろうが、サラ金会社であろうが、大学であろうが、どこでも構わないしどこでも差はないのだ。
受け取ったお金の趣旨は、将来の就職手付金、支度金のようなもので、賄賂でもないし、八百長の報酬でもない。
私には何故この二人の若い選手が、マスコミの前で謝罪会見をして頭を下げさせられ、退部処分を受けたり、所属する野球部が大会出場を自粛したりする必要があるのか理解できない。

今回の問題は、お金を出した西武球団がプロ球界内部の取り決めを破ったことが問題で、それはプロ球界という一業界内の企業モラルの問題なのである。そしてこういう事をしているのが西武だけなのか。そこにメスを入れることこそが今回の問題の焦点ではないかと私は思う。
私に納得できないところがあるが、はっきり事情を説明して謝罪した若者二人はむしろ立派な態度であると思う。
事務所費問題で、「制度的に何も問題はない」と情報を公開しようとしない松岡農水相安部総理に、つめの垢でも煎じて飲ませたいものだ。
<疾風>
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。