Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空疎になった「改革」という言葉?好んで使う人物は疑ってかかれ!
 最近は、誰もが好んで「改革」という言葉を使いたがる。「改革」の本来の意味は「現行のものを改めて、よりよくしようとすること」(旺文社・詳解国語辞典)のようだが、言葉の意味通りに使われているのか首を傾げることが多い。

 「改革」の類義語には「変革」、「刷新」がある。少し広げると「維新」、「革新」なども似たような言葉だ。
 「革新」と言えば、かつては政治の分野では自民党などの「保守」に対して、旧社会党、共産党などを指して使った。
 そういうことを考えると、以前は自民党が「改革」などという言葉を使うこともあまりなかったような気がするが、当の自民党が多用するのだから、日本という国の現状は問題が山積しているということだろう。

 その中でも小泉純一郎前総理が好んで使っていたが、それ以来、「改革」という言葉は空疎になってしまった。
 「改革」という言葉の響きは現状に問題を感じている国民にとっては何かしらの期待感を抱かせる。それをうまく利用したのが、小泉政治だった。
 だが、「現行のものを改め」ることが、「よりよくなる」とは限らない。それは本来は「改革」に値しないのだろうが、それでも小泉前総理は「改革」という言葉に固執していた。
 「改革なくして成長なし」から始まって、先の衆院選のポスターには「改革を止めるな」というコピーもあった。
 行財政、道路公団、医療や年金、教育、郵政民営化と「改革」を冠したものは多かったが、どれも国民にとっては「よりよくなった」とは言いがたいものばかりだ。
 道路公団は解体され、民営化されても、無駄だと指摘されていた高速道路は建設され続けているし、医療費は負担が増え、年金は「100年は大丈夫」と言ったとたんに出生率の低下で先行き怪しくなったし、郵政も一部の地方では集配局の廃止されそうである。

 そして、政権を引き継いだ安倍内閣もまた、「改革」を唱えている。今は教育「改革」だととして教育基本法の「改正」にやっきとなっている。
 確かに、「いじめ」や高校での「単位未履修」問題がクローズアップされ、学力の低下も指摘されており、現状に問題があるめは確かだろう。
 そういう意味では、教育「改革」が必要なのは分かるが、教育基本法の「改正」がそれを解決するものでは決してない。法律に問題があるわけではないのだ。むしろ、日の丸、君が代の強制も含め、「愛国心」の押しつけや教育現場への管理強化が主な目的だという指摘のほうが当たっているのではないか。

 もうひとつ思うのは、国民の不満などをうまく吸い上げ、先手を打って「改革」を使った方が、他方に比べて勢いが出てしまうようなところがある。
 一方が「改革」を言ってしまうと、他方は「改革」を言えなくなり、「守旧派」みたいにとらえられてしまう。
 マスコミを引き込み、それをうまく使ったのも小泉前総理だったようにも思う。
 教育基本法だけでなく、憲法、特に九条を的にした「改革」が企図されているが、何でも変えることがいいことではない。
 大切に守り、後世に残すことが「よりよい」のだということを忘れてはならない。

 だから、最近は、「改革」という言葉を好んで使う人物こそ、疑ってかからなければならないと思うようになった。
 マスコミの報道に流されず、「改革」という言葉が出てきたら、誰のため、何のため、どんな中身なのかを自らよく考えて判断することが必要だということを学習させてもらったのも、小泉前総理の「功績」なのかもしれない。(ゼロテン)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/11 18:07】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/11 19:08】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 10:41】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 10:42】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 11:30】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 11:30】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 12:20】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 12:20】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 13:08】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 13:56】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 13:56】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 13:57】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 14:40】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 15:28】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 16:11】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 16:58】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 16:58】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 16:59】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 18:30】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/16 18:30】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/25 08:10】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。