Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必要なのは増加原因の分析と対策?飲酒運転は社会の病理のシグナル
 飲酒運転による事故が連日、新聞やテレビのニュースになっている。昔から飲酒運転による事故はあったと思うが、最近は毎日のように起こっている。
 「飲酒運転」が一つのキーワードみたいになっているから、これまでは大して大きく扱われなかったものでもマスコミがニュースとして取り扱うようになったせいもあるのかもしれないが、確かに増えているという印象がある。
 福岡市職員による事故で3人の幼い命が失われたことが、きっかけの一つとなった。この後、公務員による飲酒運転が続き、「公務員がまた飲酒運転」と報道された。
 公務員の飲酒運転だから悪いのではなく、飲酒運転そのものが非難されなければならないのだが、一時は公務員バッシングのような形となり、マスコミの扱い方に違和感を感じたのは私だけではないだろう。

 かつて私は、飲酒運転の車に当て逃げされそうになった。その時私は、車の外にいて、ふらふらと逃げた車を走って追いかけ捕まえたから、「当て逃げされそうになった」と書いたが、逃げようとしたから、当て逃げと言ってもさしつかえないだろう。
 問いただすと、某新聞社のカメラマンで、すぐに社に電話したようで、あわてて数人の記者が駆けつけた。
 本人は酩酊状態だったが、駆けつけた記者から「壊れた車はきちんと修理しますから、警察や他のマスコミには伏せて欲しい」と懇願された。
 その時は車さえきちんと直ればいいと思い、それに応じたが、事故を報道する側でも身内の事故は隠そうとするものなのだ。
 そんな経験があったせいもあって、公務員でも何でも、マスコミがさも正義面で非難することにうさん臭さを感じてしまったのかもしれない。

 飲酒運転による事故の増加に伴って、各自治体が処分規定を見直し、「飲酒運転すれば懲戒免職」など厳罰化の動きが広がっている。
 飲酒運転は、事故につながるケースが多いから、厳しい態度で臨むことに異論はない。ただ、ブームのように処分規定を厳しくすることを競い合っているだけでは事故がなくならない。
 既に道路交通法の改正で飲酒運転に対しては罰則が厳しくなっているが、一定の抑止効果はあったにせよ、飲酒運転は減ってはいない。
 公務員も処分規定を厳しくしても、同じような結果になる可能性が高いのではないか。

 機械的に飲酒したドライバーでは車が動かないようにするということも話題となっているが、自動車メーカーが反対しているとの話も聞く。
 それも一つの選択肢ではあるが、飲酒運転が統計的にも増えているとすれば、まず必要なことは、なぜ増えているのかを分析、検証することだと思う。それなしには有効な対策は出てこない気がする。
 素人考えだが、ストレスの増加など社会的な要因で飲酒の仕方が変わってきているとか、そんなことも背景にあるようにも思う。とすれば、少し根が深いし、社会問題としてとらえるべきだということになるだろう。
 飲酒運転の増加は、何らかのシグナルであり、取り締まってなくす、罰を厳しくするということよりも、社会の病理の発露として「飲酒運転」をとらえた対策を真剣に考えることが必要なのではないか。(ゼロテン)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。