Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある医学者のつぶやき
人間の知恵なんて、自然に比べりゃたいしたことない

 理屈をいわなくても、自然に触れていれば、人間の知恵の限度を知らされる。私は虫について、ああだろう、こうだろうと、いつも考える。このことは確かだな。ところがなんと、あちこちで裏切られる。

 自分の考えのアテにならないことなど、虫採りでよくわかるのである。でも裏切られるからといって、考えなければ進歩はない。大切なことは、自分の考えをたえず検証する癖をつけることである。

 自然に対面すれば、それができる。

 自然は複雑だが、他方できちんとした法則性を持っている

 新緑の山々がなぜ美しいのか。色合いのみごとなパッチワークが見えるからである。では緑を作る木々は、それを考えて並んでいるのだろうか。そんなはずはない。ではデタラメに、つまり偶然に並んだのだろうか。それも違う。新緑に示されているのは、木々の根からはじまって、そのあいだに暮らす生きもの、細菌から菌類、ミミズやモグラ、それぞれの木や草、それらすべての活動の集大成なのである。

 木の葉の並び方一つをとっても、デタラメではない。一日のうちに太陽が動き、それにつれて個々の葉に対する日照が変わる。でもその木全体として、いちばんたくさんの日照を受けるには、葉をどう配列すればいいか。その複雑な問題の解は、コンピュータに相談する必要がない。「目前に見えている」からである。自然をただ見ていることで、人は解答をいつの間にか教えられる。その結果を、脳は「美しい」と表現する。

自然の美しさ、自然の規則正しさを「感じて」みよう

 自然の美しさそのものに価値があるだけではない。その美しさとは、多次元空間の複雑な方程式のみごとな解なのである。脳はそれを知っている。なぜなら、自分自身がきわめて複雑な有機体だからである。どこに安定平衡点があるか、脳はそれを直感する。エネルギーを消費して、方程式を解かなくてもいいのである。

 都会に住み、ビルに通い、パソコンの画面を見る。それはそれで結構、仕方がない。でもそういう生活をする人ほど、自然を見なければいけない。なぜなら人はそこから生まれたので、そこから離陸はできないからである。それを忘れようとして、「身体は意識の思いのまま」という、暗黙の了解を作り続けようとする。それが健康ブームである。
 たえず問うべき問いは、一つしかない。

「自分の寿命はいつまでか」である

 それに答えられないとわかれば、「ひたすら生きる」しかないと、同時にわかるであろう。西行も芭蕉も、おそらく自然を見続けた。それが日本人の伝統的な生き方で、それを忘れたところに、おそらく現代の不幸がある。
 一個の細胞である受精卵が、十兆の桁の細胞でできた個人を作る。その過程をコンピュータでシミュレーションできるだろうか。

 それをしなくても、答えは目前に見えている。
 われわれ自身がその答えなのである。かくも複雑な問題の解を、自然自体が眼前に見せてくれている。それを「見る目」を失った人たちが、わけのわからない解を解だと信じ、右往左往する。そろそろ万事を考え直すほうがいいのではないだろうか。


〈MBA〉





スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。