Google
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

疾風

Author:疾風
岩手県盛岡から発信、ローカルな足場からグローバルな普遍性を論じる
人気blogランキングへ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ新聞 『市民ジャーナル』
市民ジャーナルは、ローカルな現場の当事者の視点からグローバルな普遍性を論じようとするものです。皆さんの投稿をお待ちしています。 sj17417@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年少女、老いやすく
こんにちは。
高校時代のヒット曲。

fear



1968年の「誓いのフーガ」(原題「2010年」)
(フェアリーダスト)。
バッハのフーガを使っていました。

ネット検索していると面白い記事に出会いました。
歌詞の意味は、
「紀元2010年は、今から43年先のこと、
それまで、僕たちふたりは一緒にいられるかな?
ふたりは愛をかたりあっていられるかな?
僕たちの生活はばら色になっているかな・・・・・・・」
というものだそうです。

当時、この曲を聴いていた若者は、
今や50代のおじさん、おばさんです。
あのころ
2010年(twenty tenという歌声)と聴いて、
高校生の私、
随分未来のことだと思っていたものです。
ところが、2010年、って、

あと4年後じゃんーー  (#^.^#)

なんて月日が経つのは早いのでしょー!!!

少年(少女も)老いやすく、学なりがたし(^^;)

「誓いの明日」1968年11月に2位にまでなりましたが、
結局ビートルズの「ヘイ・ジュード」を抜けませんでした。
「ヘイ・ジュード」を抜いて1位になった曲は、
彗星のように現れて消えたメリー・ホプキンの
「悲しき天使」でした。

そのころのヒット曲
ビージーズの「ワールド」も好きでした。

いつの時代も懐メロは不滅です。


経営アドバイザー 服部尚樹
http://blog.livedoor.jp/hattory1952/


スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

真っ暗な会社
こんにちは。
暗闇展覧会。
DID



東京に治療所を持っている医者が言いました。

「私は経営が苦手だから、
すぐ患者に逃げられる」。

しかしこの医者には
リピーターの患者がいます。
飛行機でやって来る患者もいます。
独自の治療をしていて
マスコミにも取り上げられます。
5月に全国紙に掲載された記事を見て、
九州の人が治療を受けに
東京までやって来ました。

治療で快癒に向かったとき、
患者が言いました。
「オレがこの30年間苦しんでいたことは
一体何だったんだ?」

お先真っ暗だった患者は、
多額の寄付をしたそうです。

客に
寄付までされるような会社が
あるとしたら、
一般客に
逃げられても
仕方がないですよね。

さて、
郊外型の大型ショッピングセンターが
またオープンしました。
見たことがない場所に、どうしても
人は行きたくなります。

まだ見ぬものに
憧れを抱いて
ロマンチックになるのが
人情だからです。

このことさえ分かっていれば
全て許せます。
客は飽きっぽいのです。新しモノ好きです。

一面では、
売り上げを「奪われた」
と考えることも出来ます。
しかし、統計上の一般客を「奪われた」に
過ぎない、とも言えるのです。

「あちらの店に行くでしょうが、
私の店にも来るでしょう。
私の店には、違う魅力があるんですもの。」
と言えたら、
あなたの会社の先は明るい。

この夏、東京でイベントがありました。
ダイアログ・イン・ザ・ダーク、
直訳すれば「真っ暗な中での対話」。

http://www.dialoginthedark.com/

この「くらやみ展覧会」、
真っ暗な空間を体験する
「暗闇エンターテイメント」でした。
前売りチケットは完売になりました。

視覚障害者の案内で、
7人のグループごとに分かれて会場に入ります。
観客は、片手にツエを持って声を掛け合いながら、
真っ暗な会場を1時間半かけて回ります。

鳥のさえずりや
小川のせせらぎが
聴こえます。

歩くと葉っぱを踏む音がして、
森の香りもしてきます。

途中には
ビールを出すバーまで
あります。

参加した女性が言いました。
「めっちゃ、オモシロイ」。

人の声の距離感や、
何かを手で触る感触が
これまでと違う。
目が見えているときより、
何もかもが
アザヤかになる、
と言います。

人間は
とても面白い
機械
です。

視覚を休めると、
聴覚や味覚やなどの別の感覚が
鋭くなるそうです。

それで思い当たりました。
こう人間のクセを活用して、
消費者を
飽きさせないようにすればいいのです。

どうやって?

会社を真っ暗にするんです。??

客がこれまで使っていた視覚を
一度閉じてもらう。

つまり、会社の幕を一度閉じるんです。
倒産するということではないですよ。
一度すべてをリセットするんです。

するとどうなるか?

客は
どんな会社になるのか期待して、
前よりワクワクします。

本当のリニュアルというのは、こういうことです。

こんな冒険ができる会社は、
お先真っ暗な会社にはなりません。

経営アドバイザー 服部尚樹
http://blog.livedoor.jp/hattory1952/

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

ロマンチック経営で行こう?啄木のマーケティング?
こんにちは。
石川啄木の直筆
takuboku



盛岡にある啄木賢治青春館で
買って来ました。

石川啄木直筆ノート
啄木の死の2カ月後に出版された
歌集「悲しき玩具」

「歌は私の悲しい玩具です。」
と言った啄木が
亡くなる前の最後の創作ノートを
販売していました。

本物のノートそっくりに
作ってあります。

ファンは
啄木を体験できます。
おみやげグッズのお手本のような商品です。

その中の一首


人がみな
同じ方角に向いて行く。
それを横より見てゐる心。


経営の話から読むと
これは
消費者心理でもあります。

人は流行に踊らされるけれど
心の片隅で
それを
さめて見てもいる。

そして
そうやってさめて見ている自分の
本当の好みは何だろう
と自問するのです。

ここにチャンスがあります。
流行の品に飽きた人を
いざなうチャンスです。

啄木の歌が
教えてくれました。



経営アドバイザー 服部尚樹
http://blog.livedoor.jp/hattory1952/


テーマ:中小企業経営コンサルティング - ジャンル:ビジネス



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。